介護職員の求人に応募しよう

介護職員の求人に応募する際に注意する点は、他の求人と違い書類選考がない場合が多いことです。


最初から採用面接を実施するところが多いため、応募の際には求人を出している介護施設に電話連絡すると、採用面接に日程を言われる場合も多くあります。



介護職員の仕事は介護施設により違いがありますし、職場環境も大きく違うのも特徴です。

そのため、可能であれば施設の職場見学を申し出て、応募の前に見学可能かどうか問い合わせをすることがポイントです。
最近では人で不足ではありますが、離職率も高い職種となっているため、採用側も長く勤めてくれる人を採用しようとしている傾向があり、職場見学も快く実施してくれることが多くあります。



また、入居型の施設ではなく、訪問型の訪問介護ヘルパーの場合には、事務所での採用面接で採否が決まってしまい、採用となった場合には、極端な事例では1~2回、先輩と一緒に仕事先の個人宅へ行き、その後は一人で仕事をするという会社もありますので、注意が必要です。

そのためにも、求人に応募する前になるべく多くの現場を見学する、または関連の資格を取得するなどの事前準備をしておくことがポイントです。

また、関連資格を取得している場合には、給与面やその後のキャリアに関しても資格がない人よりも優遇されることが多いため、長く仕事を続けたいと思っている人は、資格を取得しているかいないかで大きな違いが出てきます。

受験資格が必要な国家資格もありますので、事前に調べる必要があります。