太陽光発電の売電の買取期間

太陽光発電の売電の買取期間は、買取価格とセットで資源エネルギー庁が調達価格算定委員会の意見を聴いて年度ごとに見直しが行われています。一度売電がスタートすると、その年度での買取期間で固定します。


平成25年度の場合は、出力10kW以上は20年間、10kW未満は10年間となっています。

この買取期間が買取価格と共に固定される理由は、政府が太陽光発電を含む再生可能エネルギーの普及を目的としているからです。

具体的には10年間で初期投資が回収できることを基準として買取価格を設定しています。

ではこの期間経過後はどうなるのでしょうか。

所轄の電力会社が自由に価格を決められることになるので、期間も契約条件に含まれることになります。
現行の買取制度の資金は電力会社の利用者全員で負担することになっているため、期間終了後は電力会社が負担することになります。
この場合、引き続き利用者に負担を強いることは難しくなるため、買取価格は期間を決めて段階的下がることも予想されます。


一方で、東日本大震災による原子力事故を背景とする再生可能エネルギーの一層の取り組みにより、10年後は新規参入する電力事業者が現れて自由競争になり、高額での買取をしてくれる可能性もあります。


また、電気・電子機器は今後は更に省電力化が進み、風力や地熱などの他の再生可能エネルギーの研究・普及も進むと思われます。

太陽光発電設備の耐用年数は17年とされていますが、実際はそれ以上もつといわれています。
設備導入にあたっては、これらを考慮した上での判断が必要です。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security02/14.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc122000.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

この太陽光発電の資格の情報が更新されています。

太陽光発電の学校に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

太陽光発電のメガソーラー情報の豊富さで有名なサイトです。

太陽光発電の保守の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

太陽光発電の事業を利用してみる価値はありますよ。